チケットとは?

様々なチャネルからの問い合わせをチケットで便利に統合管理することができます。

顧客からの問い合わせが到着した時点から終了するまでの過程を チケット で記録します。
問い合わせチャネルや応対内容、後処理内容等を把握することができます。
担当チケット の一覧で、問い合わせ1件ごとに1つの チケット として生成されます。
オペレーターが相談デスクで問い合わせを選択すると、自動的に担当者に指定されます。

チャット / チャットボット / メモ / メッセージ / メール などチャネル別に確認することができます。

担当チケットをクリックして、チケットの詳細画面に移動します。

顧客名 / 電話番号 / メールアドレス などの情報がある場合は確認可能で、チケットのタイトルは自動的に生成されます。

チケット状態は 有効 / 保留 / 無効 / 解決 があり、終了時に解決などに状態を変更して管理することができます。
優先順位は 低い / 普通 / 高い / 緊急 があり、重要な問題の場合は緊急などに変更して管理することができます。

分類カテゴリでは 大分類 > 中分類 > 小分類 に分類することが可能で、タグ機能ではラベリング管理が可能です。
下段では ヒストリー / メモ履歴 を確認することができ、 ヒストリー では問い合わせ開始時から終了時までの過程を確認することができます。
ブランド全体に到着した問い合わせを確認することができます。
オペレーターを指定して、担当した問い合わせ内容を検索することもできます。